お知らせボタン
 
 
コニカルビットを搭載したハンマーミルが、油圧モーターにて高トルクで回転させることにより大きな破砕能力を発揮し、大作業量を実現します。また、油圧モーターの採用により、ハンマーミルの回転数を4段階に制御可能。スクリーン交換とあわせて破砕後のサイズ調整が可能です。さらに、デフレクタの装備により、破砕物の飛び出し方向をコントロールし、外部への飛散を防ぎます。
供給装置であるタブは、回転速度が調整可能。ハンマー見る負荷時、タブ回転負荷時には反転・停止を自動で行い、破砕対象物供給量を調整します。また、タフな高張力鋼材を採用。サイズは、内径2300mm・深さ1480mmで大きな供給能力を誇ると共に、楽に破砕対象物の積み込みが行えます。
「ハンマーミル回転数可変システム」「タブ回転数可変システム」により、破壊対象物の種類に応じて破壊に最適な回転数をダイヤルにより設定できます。
前のページ
  次のページ
Copyright (C) 2002 mefuki jyuki inc. All Rights Reserved.
info@mefuki.com